Home » ソーシャル » 本格幻想RPG『陰陽師』戦闘システムを紹介

本格幻想RPG『陰陽師』戦闘システムを紹介

2
NetEase Gamesは、本格幻想RPG『陰陽師』の戦闘システムに関しての情報を公開した。

スキルの駆け引きがアツい!誰でもすぐに理解できる戦闘システムを紹介!
陰陽師は平安世界のバックグラウンドや美しい式神たちとのストーリー展開を楽しめる他にも、ゲームの根幹となる戦闘もゲームを進める上で欠かせない重要なポイントとなっています。陰陽師の戦闘システムはオーソドックスなターン制バトルとなっていますが、ゲームユーザーが最も親しみ易いゲームシステムを採用しています。
一度触れば戦闘システムを容易に理解することができますが、戦闘を有利に進めるためには場の状況に応じたスキルの選択が、戦闘の勝敗を分けるポイントとなってきます。

■戦闘の流れ
・陣営を編成しよう
通常のクエストにはプレイヤーキャラクターである陰陽師1人に加え、陰陽師が従える式神を3人まで連れて行くことができます。
その他、式神を5人まで連れて行くことができるダンジョンもあり、こちらは後日のニュースにて情報の公開を予定しています。
陰陽師は安倍晴明をはじめ、神秘的な少女の神楽などストーリー進行に応じて変更することができます。

3
4

・式神を編成しよう
戦闘開始時にどの式神の陣形を編成することができます。
どの式神を選択するか手持ちの式神と入れ替えることができます。また、式神育成のために戦闘に参加しなくても観戦として式神を配置でき、一定量の経験値を獲得することができます。

5

・戦闘モードを選択しよう
戦闘進行について手動で進めるコマンド式の戦闘モードと最大2倍まで設定できるオートバトルの戦闘モードの2種類があります。
手動ではコマンドを選択して味方や敵をタップするだけでアクションを起こすことができます。

・スキルを活用しよう
緻密なスキルの駆け引きが戦闘の勝敗を分けるシーンでは手動でコントロールした方が、戦局を有利に進めることができます。
式神のスキル発動には『鬼火』を消費する必要があり、この鬼火は式神全体で管理します。よって鬼火の数を管理しながら進めないと、いざという時にスキルが発動できないということになりかねないため、鬼火のコントロールも非常に重要なポイントの一つであります。

6

▼Google Play▼
▼App Store▼

Copyright @2017 NetEase Information Technology Corporation