Home » MO / MMORPG » 【開発中PicUp】『PROJECT エターナル(仮)』アソビモが贈る、これまでのスマホグラフィックを圧倒的に凌駕するAAAクラスMMORPG

【開発中PicUp】『PROJECT エターナル(仮)』アソビモが贈る、これまでのスマホグラフィックを圧倒的に凌駕するAAAクラスMMORPG


開発中の注目MMORPG『PROJECT エターナル(仮)』を知らない人のために簡単に紹介。

アソビモが開発中の『PROJECT エターナル(仮)』は、これまでのスマホグラフィックを圧倒的に凌駕するトリプルAクラスの3DMMORPGで15億円の費用を投じて開発中だ。

グローバルで販売し、目標は年間売上1,000億円
既存の様々なMMORPGを研究し、あらゆるコンテンツを網羅。遊び尽くせないコンテンツボリュームを用意。
スマホ版だけでなく、PC(Steam)やコンシューマゲーム機(NintendoSwitch、PlayStation4)での発売も予定している。

アソビモは、デジタルコンテンツの保護・二次流通プラットフォーム「ASOBI MARKET」を発表し、利用するトークン「ASOBI COIN」を発行するICOプロジェクトのホワイトペーパーを公開したが、そのホワイトペーパーに『PROJECT エターナル(仮)』の情報が少しだけ記載されている。

アソビモから正式に『PROJECT エターナル(仮)』に関する具体的な発表やプレスリリースはだしていないはずなので、他の大手ゲームメディアなどでは『PROJECT エターナル(仮)』についての記事はまだ書かれていないと思うので、あまり知られていないタイトルだが、アソビモが気合いを入れて作っているので、かなり期待は持てそうだ。

アソビモは「トーラムオンライン」「アヴァベルオンライン」など、数多くの本格的なスマホMMORPGを開発・運営しているデベロッパー。
モバイルMMORPGを作る技術は、日本企業の中ではおそらくNo.1だ。
韓国産や中国産のモバイルMMORPGは、もれなくオート機能が搭載されており、移動も戦闘もオートで画面を眺めているだけでゲームが進行するタイトルも多いが、アソビモのMMORPGは基本的にはオートゲームではない。
オートゲーじゃない、自分でしっかり操作できる、ちゃんとした普通のMMORPGをしたいんだという人には、やはりアソビモに期待したいところだろう。

ただし、アソビモは開発が長い。
長いというか、完成間近でない段階から情報を公開しているからか。
そして配信予定時期が延びる。
配信予定時期を発表して、その時期に一発で予定通りに配信を開始したことは一度もないんじゃないかと思うくらい、アソビモは配信予定時期が延びる。

『PROJECT エターナル(仮)』に関しては、アソビモからこのタイトルに関しての正式な発表やプレスリリースもだしていない段階なので、完成は3年後か5年後か、まだまだ先になるのではないだろうか。

アソビモは他にも「ゲートオブリベリオン」「ファンタジーアースジェネシス」「アルマテジア」「ポケヴェル」など、多数のモバイルMMORPGを開発中なので、まずはそれらを待つほうがいいだろう。

© ASOBIMO,Inc. All rights reserved.






人気記事