Home » MO / MMORPG » 『TRAHA』はハイエンドスマホMMORPGを追求。売上目標は既存のネクソンのモバイルゲームを超える数値

『TRAHA』はハイエンドスマホMMORPGを追求。売上目標は既存のネクソンのモバイルゲームを超える数値


ネクソンは、スマホMMORPG『TRAHA』について、

「MOAI GAMESで約100人規模の開発陣が3年ほど開発しており、2019年上半期に韓国でサービス開始を予定している。 」

「売上目標については具体的な数値というよりも、これまでネクソンがサービスしたモバイルゲームを超える数値を目標にしている。
このため、マーケティング費用も多額の投資をするつもりだ。」
と述べている。

独自開発ではなく、パブリッシングタイトルだが、ネクソンが『TRAHA』にかける内部期待が相当であることを感じることができる。

MOAI GAMESと初契約を交わす際にMOAI GAMESイ・チャン代表は「楽しむことができる人は多くなくても、ハイエンドスマホMMORPGを追求したい」と述べている。

■MOAI GAMES とは
2016年3月に設立されたモバイルゲーム開発会社で、『ECHO OF SOUL(EOS)』を開発したNvius Corporationの開発統括取締役であったイ・チャン氏がCEOを務めている。
同社は、イ・チャン氏を筆頭に、『リネージュⅡ』、『EOS』、『BLESS』等、MMORPG開発において豊富な経験を持つチームを有している。

モバイル向け大型MMORPG『Project RapaNui』を開発中であり、ネクソンは『Project RapaNui』のグローバル配信権を獲得していたが、それがこの『TRAHA』か。




ソース:This is game






人気記事