Home » 特集 » Social Game Infoのゲームアプリ市場のキーマンに訊くインタビュー記事が読み応えあるので紹介

Social Game Infoのゲームアプリ市場のキーマンに訊くインタビュー記事が読み応えあるので紹介

3
Social Game Infoさんのゲームアプリ市場のキーマンに訊くインタビュー記事が読み応えがあるので紹介。

●Aiming
【年始企画】「スマホゲーム市場はピークに近い。次の”軸”を待つ局面に」Aiming椎葉社長に2015年の振返りと2016年の展望を聞く
開発費が上がっている。
スマホゲーム市場はピークに近いが、次の成長の始まりやチャンスがやってくるということでもある。
Aimingとして強みであるMMORPGを中心に作っていくという軸は変わらない。
2016年は新作を出す。
海外のタイトルも引き続き出す。複数タイトル予定。

●ネクソン
【年始企画】「パートナー戦略が良い結果につながってきた」「16年はよりクオリティ重視に」ネクソン社長が語るモバイルゲーム市場の総括と展望
『HIT』が韓国ですごく良いパフォーマンスを上げている。
今後、期待しているタイトルは、スクウェア・エニックスと契約をしている『ファイナルファンタジーXI』のモバイルゲーム。
ワーナーブラザーズグループの会社とレゴの版権を使ってモバイル向けのMMORPGを作る契約をしている。

●ガンホー
【年始企画】ガンホー森下社長インタビュー 2016年は『パズドラX』と「ロールプレイ感」のある重厚なスマホゲームなど新作の多い年に
ロールプレイ感がある、重厚な新作を準備。

●まとめページ
【年始企画】「ゲームアプリ市場のキーマンに訊く2015-2016」まとめページ






人気記事