Home
ヴェンデッタ

ハイグラフィック

瞳、髪型、胸の大きさ、自由自在なキャラメイク

固定ではなく360°見回せる視点

回避、ジャンプ、スピード感、高いアクション性

RvR、PK、対人戦が熱い!


『ヴェンデッタ』は、美しくて激しい大規模な戦闘を自由なカメラワークで楽しむことができる本格RvR MMORPGアプリ。



プレイヤーは、2つの連盟「イージス」「バイデント」のどちらからを選択し、3つのジョブの中から自身のプレイスタイルに合ったキャラクターを作成することができる。


自由を極めたキャラクターメイキング
自由自在にキャラメイクをすることができる。
顔の形、髪型、瞳やアイライン、アイシャドウ、チークも塗れる。



また、身長、体型、ヒップの大きさ、胸の大きさも調整できる!
非常に細かく調整できるので、凝り性の人はキャラメイクだけで数時間かかってしまうかも!



ジョブ
3つのジョブ(ウォーリアー、アサシン、メイジ)から選択。
ジョブで性別は固定となっている。
男性ガチムチウォーリアー、お姉さんアサシン、幼女メイジ。





美麗グラフィック
かなりグラフィックが綺麗だ。


花の光ってる感じとか、キャラにピントが合って遠くの方は少しぼやけて見えるようなところとか、いい雰囲気なグラフィックスだ。
10.5インチiPad Proでプレイしたので、画質は最高設定でヌルヌル動いた。


視点は固定ではなく、自由な視点調整で360度、空まで見渡すことができるタイプ。
やはり、自由に動かせれるのはいい!
(韓国産や中国産のモバイルMMORPGは視点が固定のタイトルも多い)


RvR、PvP
新しい方式の"占領戦"、"連盟戦"、"チーム戦闘"、"デスマッチ"などの対戦コンテンツが楽しめる!PKもできる。

敵国に乗り込んで敵対プレイヤーを倒すのは、AIONっぽい。
対人戦が好きな人は、大いに楽しめそうだ!
敵連盟プレイヤーを倒すと「名誉」ポイントが貰え、戦績に応じて順位が決まり、階級と順位に見合った報酬が配布される。

レイドとRvRが結合された三角構図のフィールドレイドも熱い。


アクション性
『ヴェンデッタ』の大きな特徴は、何と言っても自由自在な操作性と高いアクション性。
ジャンプや転がり回避も可能なので、強力なボスとの対戦や対人戦の時は、アクション、プレイヤースキルが重要になってきそうだ。



アサシンでプレイしたが、スピード感のある攻撃が可能で、爽快感を感じれた。


オート戦闘も可能なので、クエストは楽々進めていくことができる。
序盤はオートで進めていくことになるだろう。


その他いろいろ

頭の装備を変えれば、髪型も変わる。

クエストを進めていけば騎乗ペット「馬」を貰えた。
移動が速くて快適。

胸のバンヤヤヤインの揺れも確認することができた。
詳しくはゲーム内で自分の目で確認だ。


レビュアーコメント
クローズドβテストを軽く触ってみたが、思ってたより出来がいい!

グラフィック良いし、キャラメイクも細かく調整できるし、視点も固定じゃなくて自由に動かせるタイプだし。
操作性も特にはストレスを感じず、普通に操作できた。

評判もいい。
「ヴェンデッタ始まったら、リネレボやめるかも」、「ヴェンデッタはよ」といった声が聞かれる。
同じゲームヴィルが2018年6月5日に配信開始した「ロード オブ ロイヤルブラッド(LORB)」よりも、こちらの方が個人的には好みだ。

知名度が無いだけで、「黒い砂漠モバイル」、「TERA M」などの有名タイトルと比べても出来はそれほど負けていない気もする。

筆者もオススメできるタイトルだ。

配信日はいつ?
2018年5月23日から6月5日まで、クローズドβテストを実施。
正式サービスは、2018年秋を予定している。
「9月にアジア主要国での発売を目標に準備している」とGAMEVILが発言しているので、配信時期は9月か。





プロモーションムービー



▼事前登録▼
ヴェンデッタ
▼事前登録▼

(C) 2018 UTPlus interactive All Rights Reserved. Published by GAMEVIL Inc.