Home
エリオン(ELYON)
※2020年4月1日 追記
MMORPG「A:IR(エアー、AIR)」のタイトル名が、『エリオン(ELYON)』に変更となった。

進化した機械文明と魔法が共存する世界。
スチームパンクの世界観をテーマにRvRに特化したMMORPG。



ノンタゲ戦闘
2020年4月1日、ノンターゲティング戦闘システムに変更となった。
範囲狩りとノンターゲティング戦闘適用で、痛快なアクションができるように実装。




スキルカスタマイズは数千種類のスキルの組み合わせが可能。
他のMMORPGと同様にエリオンも各クラスごとに様々なスキルがあり、これをどのように組み合わせるかによってプレイ方式が違ってくる。


飛行船
飛行船などの乗り物が多数登場。
移動手段・乗り物は飛行船だけでなく、ウイングスーツや、空中移動が可能な戦闘型空中乗物ワイバーン、ライオンなどがあり、急速な移動のみ可能なジェットスーツ、ジェットボードもある。


▼公式サイト(KR)▼
エリオン(ELYON)


RvR
「要塞戦」「巨大神殿」などのどの大規模な陣営戦争が『AIR(エアー)』の核心コンテンツだ。
飛行船に乗り込んで、2つの勢力が激しい資源争奪戦を繰り広げる。


※2020年4月1日 追記
タイトル名が『エリオン(ELYON)』に変更となり、改善の過程で乗物を活用した戦闘は大幅に減らした。

従来はPvPとPvEが明確に区別されたが、今回(2020年4月1日)の改編を通じてPvPとPvEが加味されたコンテンツが新たに追加される。
敵プレイヤーだけでなく、あちこちに強力なボスモンスターとのPvEまで考慮しなければならないだけに、純粋なPvPとはまた別のセッティングや戦略を要求するものと思われる。


生活コンテンツ
住居は一般住宅と高級住宅に区分される。
一般住宅は、すべてのプレイヤーが使用可能であり、高級住宅はワールド内に限られた数量のみ存在し、 他人より先に占有する必要がある。



住居は様々な活用方法がある。
アイテム保管倉庫とともに、戦闘に必須の武器や防具と各種アイテムなどを製作できる空間として活用される。


さらに各種植物や鉱物などを生産し、戦闘をサポートする機械人形も作れる。
また、各種家具を製作して家の内部を飾ることができ、前庭にも各種施設を製作して設置できるハウジング機能もある。

探索中に「種」などの収集可能なリソースを見つけることができる。
それらの「種」は住居で栽培できる。



『エリオン(ELYON)』の意味は?
『エリオン(ELYON)』は、ゲーム内で新しい世界に到達することができるポータルの名前であり、陣営の覇権を占めるために、最も重要な関門である。

開発陣はタイトル名をこのように変えた理由として、エリオンをめぐり繰り広げられるPvP、RvR、そしてその過程で行われる戦闘を一緒に楽しもうという意味だと説明した。


KRAFTON(旧Bluehole)とは?
KRAFTON(旧Bluehole)は、「TERA」や「PUBG」の開発元として知られる開発会社だ。


配信日はいつ?
海外ではテストは実施されたが、正式サービスはまだ開始していない。
2020年内の発売を目標に開発中。

日本サービスの日程は未定。
ただしゲームオンが日本サービスを行うことは決定している。










プロモーションムービー



ELYON プレイ動画



タイβテスト 「A:IR」プレイ動画



▼公式サイト(KR)▼
エリオン(ELYON)
▼公式サイト(KR)▼