Home » MO / MMORPG » MMORPG『プロジェクトエターナル』CBTレビュー。シームレスオープンフィールド、じわじわ面白くなってくるタイプか

MMORPG『プロジェクトエターナル』CBTレビュー。シームレスオープンフィールド、じわじわ面白くなってくるタイプか


アソビモが、MMORPG『プロジェクトエターナル』のクローズドβテストを5月15日より開始したので簡単にレビューしておこう。
3~4時間ほどプレイ。

●オート移動あり・手動戦闘のみ
クエストの目的地までのオート移動はあり。
戦闘は手動操作のみだ。
自動戦闘があると最近のスマホMMORPGと変わらないものになってしまうが、戦闘は手動操作のみなので、いつものよくあるMMORPGとは違うと言えるだろう。

クエストを受けれるNPCの頭にはビックリマークが表示されたり、クエスト対象のモンスターにはハテナマークが表示されるのでわかりやすい。
画面左には目的場所までの距離と方角がリアルタイムに表示される。マップからも目的地を確認できる。
オート移動を使わなくても冒険できるように設計されているので、オート移動機能が嫌いなユーザーも’オート移動機能’という言葉にそれほど毛嫌いしなくてもいいのかなとは思った。
クエストを受けれるNPCが密集している場合は、わざわざオート移動を使わずに目視で確認して手動操作でNPCに片っ端から話しかけた方が早い。

●キャラメイク
CBTということで、顔のパーツを調整したりといったキャラメイク機能は無かった。
用意されたその顔でスタート。
職業と性別は自由に選べる。固定ではない。


●昼夜天候が変化
ゲームにログインすると「暗いマップだな」と思っていたが、次第に夜が明けて明るくなってきた。


「そういえば、時間の概念があり昼夜が変わるんだったな」というのを思い出した。

ガラッと風景が変わる。
明るいと、いい景色でいいグラフィックだなと感じる。良い。
曇り空になったり、雨も降る。

●美麗なグラフィック
最近のスマホMMORPGはどれもグラフィックは悪くないが『プロジェクトエターナル』は非常に綺麗だ。


景色がとても美麗。遠くの方まで綺麗に描画されているなと感じた。
水の表現も美しい。

●シームレスオープンフィールド
1~2時間ほどプレイしたが、マップが切り替わることはなかった。
広大なシームレスオープンフィールドっぽい。

●360°見渡せる
カメラ視点は360°空も見上げれる。
カメラをキャラクターに近づけたり、それなりに遠くに離したりもできるので、カメラ視点に関しては不便は感じなかった。


雲が流れている。鳥も飛んでいる。
スマホMMORPGでは空は見上げることができないタイトルも多い。

●BGM
BGMも悪くない。
雰囲気はでている。

●パーティプレイが重要っぽい
まだパーティプレイはしていないが、職業ごとの特徴があり、ソロではちょっと厳しい敵もでてきているようなので、職業の特性を生かしたパーティプレイが重要かもしれない。
パーティプレイで、パラディンでガードしたり、仲間をヒールすれば楽に戦えそうだ。

●適度なアクション性
初めは適当にポチポチだけでいけるが、徐々にしっかりと操作する必要があるなと感じた。

職業によって使えるアクションが異なる。
ジャンプはどの職業でもできる。
ウォリアーなら、転がりもできる。これで転がり回避ができる。
パラディンならガードができる。敵の攻撃を防げる。
敵が攻撃範囲を示してくるので、それを見て回避したり、ガードしたり。

●ちょっともっさりで直感的に快適に戦闘できない
戦闘の操作性は良くないかもしれない。
パラディンの通常攻撃や攻撃スキルは使用するときに棒立ち、硬直する。スキルを撃ち終えれば動ける。
硬直した状態では、移動したりガード等のアクションを行うことができない。
移動しながら攻撃したいし、一瞬の判断で回避やガードをしたいが硬直しているのでできない。
硬直の時間が長く感じ、操作性が悪いと感じてしまう。

左手移動キーは動かさずに攻撃ボタンだけ押すと、ターゲットした敵に自動で近づいて攻撃する。攻撃が当たる。
しかし左手移動キーを動かしながら攻撃ボタンを押すと、敵が目の前にいても攻撃が当たらない。
攻撃が当たらないのが操作性が悪いと感じストレスが溜まる。

●お使いクエストはどうなのか
序盤はMMORPG恒例のモンスターを5匹倒したり、誰かに会いに行ったり、採集しにいったりとお使いクエストをこなした。
MMORPGといえばお使いクエストがあるものだが、これまでプレイしたMMORPGを思い出させてしまう。いつものお使いクエスト。何度もしてきたお使いクエスト。ここで面白くないと判断されてしまいかねない。
オート戦闘は無いが、オート移動はできるので、オート移動+お使いクエストでいつものMMORPGだと思われてしまう可能性がある。
序盤で面白くないという意見がちょっとでているのは、このお使いクエストが問題かもしれない。
だからといって、お使いクエスト無しの新しいMMORPGを提案するというのも、そう簡単ではない。

●オート戦闘無しは良いが、退屈なクエストを手動戦闘でするのが苦痛
オート戦闘無しというのは良いと思うが、よくある雑魚モンスターを数匹倒す退屈なクエストを手動操作で何度も繰り返すのは苦痛になってくるかもしれない。
オート戦闘があればそこは何も考えず苦痛は感じないが、いつものオート鑑賞ゲーになってしまうという問題がある。

●重い
一世代前のiPad Pro 10.5インチで最高画質設定でプレイしたが、ちょっと重く感じた。
カクついたりする。
古い端末だとプレイするのは厳しいかもしれない。
またはグラフィック設定を大きく下げる必要はあるだろう。

●黒い砂漠モバイルと比べてどう違うか
現在アプリストアのセールスランキングで上位にいるMMORPGとしては「黒い砂漠モバイル」があるが「黒い砂漠モバイル」とは全く違うゲームだと感じる。
「黒い砂漠モバイル」はオート戦闘があり、移動も戦闘もオートでどんどん進んでいくゲームだが、『プロジェクトエターナル』はオート戦闘は無いので、そこはとても大きな違いだろう。

「黒い砂漠モバイル」は一人でオートでどんどん進んで行きソロ感もあるが、『プロジェクトエターナル』の方がMMORPG感がある。
パーティプレイはまだしていないが、MMORPGらしいパーティプレイは『プロジェクトエターナル』の方が楽しめそうな気がする。

アクション性やエフェクトの派手さなら「黒い砂漠モバイル」の方が上だろう。

グラフィックは好みによるか。
キャラクターの顔、キャラクリは「黒い砂漠モバイル」の方が上な気がする。
「黒い砂漠モバイル」は遠くは捨てて近くの描画に力を入れている。マップは狭くて暗い?ようなイメージ。カメラ視点は制限がかなりある。
『プロジェクトエターナル』は遠くまで景色が綺麗。マップが広い、明るい。カメラ視点は空も見れて、引きでも見れる。よりMMOらしい。

●まとめ
戦闘システムが少しもっさり感があり、直感的に快適に操作できないので、そこは改善が必要か。
後は、重いのが気になるので、さらに最適化するなりする必要もあるだろう。
オート戦闘は無しでいいと思うが、雑魚モンスターを数匹倒す退屈なクエストを手動操作で何度も繰り返すのは苦痛になってくるかもしれない。

それ以外はそれほど悪くはない。
最初は、オート移動はできるので、いつものオートゲーなのかなという気もしたが、戦闘はオート機能無しというのが大きい。
オート戦闘もあると、「ヴェンデッタ」や「FAITH」などのいつものスマホMMORPGと変わらないゲームになる気がするので。
後はパーティプレイをしたりコンテンツが解放されてくれば、じわじわ面白さが増してきそうだ。

MMORPG感はある。
ほぼソロでオートで勝手に進んでいくタイプのMMORPGとは違う。
大勢のプレイヤーがいる。自分で手動で戦闘する。
タンクがいる。ヒーラーがいる。アタッカーがいる。
辻ヒールもできる。
昼夜天候が移り変わる。
オープンフィールド。
冒険してる感がある。

自動戦闘無しのスマホMMORPGで、このクオリティのタイトルは他には無いと思うので、自動戦闘無しでなんちゃってMMOではなく、しっかりとしたMMORPGをプレイしたいユーザーはちょっと期待していてもいいんじゃないだろうか。









人気記事