Home » MO / MMORPG » MMORPG『プロジェクトエターナル』レビュー攻略。戦闘の操作が分かってきたら面白くなってきた!

MMORPG『プロジェクトエターナル』レビュー攻略。戦闘の操作が分かってきたら面白くなってきた!


アソビモが、5月15日から5月21日までクローズドβテストを実施しているMMORPG『プロジェクトエターナル』だが、操作の仕方が分かってくると面白くなってきた。

5時間くらいプレイして、やっと戦闘の操作が分かってきた。
またレベル15までプレイしたので、戦闘の方法や前回のレビューからまた新たに感じたことを軽くレビューしたい。

■戦闘操作方法
戦闘の操作が直感的でないというのが不評の一つだと思うが、分かってくると面白い。
筆者も正確には分かっていないが解説。

敵へのターゲットの状態としては下の3つ
・ターゲットしていない状態
・白色ターゲット
・赤色ターゲット

ゲーム設定で、近くの敵には自動的に白色ターゲットを行うようにできる。
そして、その敵をもう一度タップすると赤色で強力にターゲットできる。
赤色ターゲット状態は、移動キーを動かしても敵の方向を見続けることができる。ただし白色ターゲット時よりも移動速度が少し落ちる?

●近接職(パラディン)の場合
左手移動キーを動かして敵の近くまで移動して、そして左手移動キーを動かしながら攻撃をしても攻撃は当たらないことが多い。
白色ターゲット状態で、敵が目の前にいても攻撃が当たらない。
これがなぜ当たらないのか分からなくて、操作性が悪いと感じストレスが溜まる原因かと思われる。
(あえて攻撃が当たらないように設計しているのか、不具合なのかはわからない)

白色ターゲット状態の場合で、スキルを使う時は左手移動キーは離す。そしてスキルを使えば、敵の方向に向かって自動で適度に移動し攻撃をし攻撃が当たる。
赤色ターゲット状態の場合は、左手移動キーを動かしながらスキルを使っても攻撃がしっかりと当たる。

なので近接職で白色ターゲット状態でスキルを使う時は、左手移動キーは離すことが重要な気がする。
もしくは赤色ターゲットにして戦う。

●メイジの場合
メイジの場合は、立ち止まって数秒詠唱して放つ攻撃が多い。
しかし「移動詠唱法」というスキルを使うと、走りながら詠唱を行えるようになりアクション性が増す。

白色ターゲット状態の場合で、走りながら詠唱を行い攻撃をする時は、攻撃の瞬間に敵の方向を見る必要がある。(敵の方向を見なくても当たるスキルもあるかも)
当てるのが難しい。

赤色ターゲット状態の場合は、走りながら詠唱を行い、攻撃の瞬間に敵の方向を見なくても攻撃が当たる。
なので赤色ターゲットにした方が、攻撃がほぼ当たるので戦いやすい。

●考えて、そう設計されている
敵に近づいてスキルキーを連打、連発すればいいというものではなさそうだ。
様々な種類のスキルがあるのでどう使うか。
メイジなら走りながら詠唱しながら敵と距離をとりながらどう戦うか。
パラディンならヘイト管理をしながら、ガードもしながらどう戦うか。
タンク、アタッカー、ヒーラーと職業ごとの特徴があるのでMMORPGらしいパーティプレイが楽しめる。
このように操作の仕方がわかってくると楽しくなってくる。

パラディンでプレイした時は、攻撃するたびにキャラクターが硬直するので、操作しにくい、もっさりしているなと感じた。
しかしメイジをプレイすると、硬直せずに走りながら詠唱・攻撃ができる。もっさりとは感じない。
職業によって操作が違う。しっかりとPvEやPvP等のバランスを考えた上で、あえてそう設計しているんだと考えられる。
慣れやプレイヤースキルも重要になってくる。
まあでも、もうちょっと快適に直感的に操作できるようには改善された方がいいだろう。

●爽快アクションというジャンルではない
黒い砂漠モバイルのような、操作を教えてもらわなくてもとりあえずスキルボタンを適当に押せばバッサバッサと爽快豪快に敵を倒していけるといった、そんな戦闘タイプではない。
それとは違った面白さのある戦闘システムなんだなとプレイをしていて感じてきた。

●戦闘まとめ・問題点
近接職で白色ターゲット状態の場合でスキルを使う時は左手移動キーは離す。
確実に攻撃スキルを当てたいなら白色ではなく赤色ターゲットにする。
(チュートリアルが無く赤色ターゲットのことを教えてくれないため、なかなか気付けない。)
しかし、赤色ターゲットにするために敵を毎回タップするのは面倒というのはある。
(敵味方でゴチャゴチャしてるとさらにタップしにくい)
白色ターゲット状態で戦闘していると、自然と赤色ターゲットに変わることがあるが、これはタップして赤色ターゲットにした状態とはまた別?でよくわからない。

■装備で攻撃速度が上がる
装備の基本ステータスやオプションに’攻撃速度’がある。
良い装備を手に入れれば、攻撃速度が上がっていくことが予想できる。


パラディンでプレイしている時は戦闘がちょっともっさりしているなと感じるし、そういった意見も多いが、それはゲームの序盤だからということであって、装備等で攻撃速度が上がっていけば適度なテンポで戦闘ができるようになっていくのかなという気はした。
職業によっても、もっさりしている職業とそうでない職業があると思われる。

ちなみに雑魚敵から、攻撃速度などのランダムオプション付きのそれっぽい装備がドロップしたので、レアアイテムドロップも楽しいゲームかもしれない。

■お使いクエストが続く
レベル15辺りまでプレイしたが、ここまではモンスターを〇〇匹倒したり、誰かに会いに行ったり、採集したりとMMORPG恒例のお使いクエストをこなしてきた。
初めは景色が綺麗だとか、戦闘の方法やスキルを試したりだとかで新鮮でよかったが、徐々に単調なお使いクエストが苦痛に感じてくる。
先に進めていけば新たなコンテンツが解放されて行くのだろうが、お使いクエストが苦手なユーザーはここでゲームクリアしてしまいかねない。

レベル15でパーティダンジョンに挑戦できるようにはなった。
初の協力プレイで、パラディンでダンジョンに挑戦したが、これまで雑魚狩りしかしていなかったので、ヘイト管理やガードを上手く使えず苦戦した。楽しめた。

ただもっと序盤から何か欲しい。
単調なお使いクエストが続くので工夫が欲しい。
もっと新鮮で刺激のあるクエストを用意するなり、もっと序盤から簡単に協力プレイが楽しめるコンテンツなど何か欲しい。

■最高画質設定7で楽しみたい
グラフィックの画質の設定を1~7で設定できるが『プロジェクトエターナル』をせっかくプレイするのなら、できれば設定7で楽しみたい。
設定1はスーファミのグラ。設定4と7でも大きく違う。
初期設定は3か4?に設定されていたが、設定4なら他のゲームと変わらない。
7でないと『プロジェクトエターナル』の良さが半減してしまう。

キャラクターの顔のモデリングは正直それほどだが、景色がとにかく美しい!
遠くまで綺麗に描画されている。

スマホMMORPGは、近くは綺麗だが遠くの方の描画はあえて捨てているタイトルも多い。

川や海など水の表現にはリソースを割いている。手を抜いていない。


太陽の光が気持ちいい。光に反射する海面。木の枝の間から漏れる光、影。
流れる雲、空を飛ぶ鳥。


昼、夕方、夜と景色が変化。
夜の街の明かり、星空。


それらを存分に堪能できる、不自由の無い自由なカメラ視点。
シームレスオープンフィールド。

このクオリティのスマホMMORPGは他には無いのではないだろうか。
技術的にはトップクラスだ。
最新の端末を用意して、正式リリースを待ちたい。









人気記事