Home » MO / MMORPG » 「黒い砂漠」開発元Pearl Abyss、新作MMORPG『紅の砂漠』『ドケビ』発表!

「黒い砂漠」開発元Pearl Abyss、新作MMORPG『紅の砂漠』『ドケビ』発表!


韓国Pearl Abyssは、11月14日(木)にG-STAR 2019にて開催する「Pearl Abyss Connect 2019」(以下、PAC2019)を通じて、アクションバトルロイヤル「シャドウアリーナ」を含む新作タイトル情報を発表する。
また、本日ティザーサイトを公開し、Project Kは『プランエイト』(英題:PLAN 8)、Project Vは『ドケビ』 (英題:DokeV)、Project CDは『紅の砂漠』(英題:Crimson Desert)に、正式タイトル名を決定したことも発表した。

Project CD / 紅の砂漠(英題: Crimson Desert)
プロジェクトCDというコードネームで呼ばれていた『紅の砂漠』 (英題:Crimson Desert)は、2018年下半期から開発を始めた、Pearl Abyssの次期フラグシップMMORPG。
広大なパイウェル大陸で、北部人、南部人、そして東部人たちがそれぞれ独自の手法で生き残りをかけて戦う世界を、リアルな登場人物、没入感のあるシナリオ、ハイクオリティなカットシーンを通じて体験できる。
『リールオンライン』のディレクターを務めたチョン・ファンギョン(Jung Jason)統括プロデューサーや、同じく『リールオンライン』『C9』でアクション部分を担当したイ・ソンウ(Lee Eter)ディレクターが担当しており、PAC2019で公式発表される予定だ。

Project V / ドケビ(英題: DokeV)
コンセプトアートしか明かされていなかったプロジェクトVは『ドケビ』と名付けられた。ドケビは韓国語で「お化け」という意味。
本作は、人々の夢から力を得て成長する「お化け」を探して冒険に出る収集型オープンワールドMMORPGだ。
Pearl Abyss初期から『黒い砂漠』のアニメーションを率いてきたV開発スタジオのキム・サンヨン(Kim Sang-Young)統括プロデューサーと『R2』『C9』『黒い砂漠』の企画を担当してきたチェ・ソウォン(Choi Suh-Won)開発プロデューサーが担当している。

●Project K / プランエイト(英題: PLAN 8)
FPSの金字塔『Counter-Strike』の生みの親であるミン・リー(Minh Le)が、プロジェクトに合流してから開発は飛躍的に進み、タイトル名は『プランエイト』に決定した。
Pearl Abyss初のシューティングジャンルである本作は、イ・スンギ(Lee Seung-Ki)統括プロデューサーとミン・リー開発技術顧問がPAC2019でトレーラーを公開する予定だ。
イ・スンギ統括プロデューサーは『黒い砂漠』および『黒い砂漠モバイル』のワールドデザインディレクションを担当し、2018年から本作を歴任している。

シャドウアリーナ
『シャドウアリーナ』は、黒い砂漠のコンテンツである「影の戦場」を発展させたスピンオフゲーム。
50人のプレイヤーが競争して最後の1人を決める近接戦形態のPC向け「アクションバトルロイヤル」ジャンル。









人気記事